シンガポール、お酒の個人免税枠縮小を発表

昨日(2/18)発表されたシンガポールの2019年度予算案で、酒類の個人持ち込み免税枠の縮小が発表されました。

現在は1人合計3リットルまでが、1人合計2リットルに減ります。新免税枠は2019年4月1日から施行されます。

現在(~2019年3月31日)

蒸留酒 ワイン ビール
パターン1 1LTR 1LTR 1LTR
パターン2 2LTR 1LTR
パターン3 1LTR 2LTR

新免税枠(2019年4月1日~)

蒸留酒 ワイン ビール
パターン1 1LTR 1LTR
パターン2 1LTR 1LTR
パターン3 1LTR 1LTR
パターン4 2LTR
パターン5 2LTR

 

免税対象者の規定(以下)は変更ありません。
・18才以上
・マレーシアからの入国を除く
・48時間以上、シンガポールを離れていた旅行者

詳細:PDF Annex E: Tax Changes (Ministry of Finance)
「Tighten the Duty-Free Allowance for Liquor Products」を参照。