様々な宗教行事を体験できるシンガポール、タイプーサム(Thaipusam)は年に1回、ヒンズー暦のタイの月、満月の日に行われるヒンズー教の祭日です。いわゆる苦行系のお祭りですが、その苦行は想像を絶する壮絶なものです。

信者はカバディと呼ばれる神輿を体に刺したワイヤーで支えたり、山車を背中に刺した鍵状のワイヤーに繋がったロープで引っ張りながら約4キロの道のりを歩きます。夜には電飾を付けたきらびやかなカバディも登場します。

ちなみにタイプ―サム、シンガポールでは1968年まで祝日でした。お隣りのマレーシアは今も祝日です。

2020年のタイプ―サム日程

2020年のタイプ―サムは2月8日(土)、当日は深夜から終日行われます。
2021年は1/28、2022年は1/18の予定です。

タイプ―サムのルート

苦行の出発地点はリトルインディアのスリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院(Sri Srinivasa Perumal Temple 最寄駅 Farrer Park)、寺院を出発した信者はSerangoon Roadを南下します。

Bukit Timah Road(最寄駅 Little India)の交差点を渡り、Selegie Roadを進み、Orchard Road(最寄駅 Dhoby Ghaut)に差し掛かります。

その後、Clemenceau Avenueへ左折、River Valley Roadとの交差点手前にあるゴール地点 スリ・タンダユタパニ寺院(Sri Thendayuthapani Temple 最寄駅 Fort Canning)に到着します。

タイプ―サムはこのルート上のどこでも終日見学できます。

関連リンク

タイプ―サム公式サイト

タイプ―サム|シンガポール政府観光局(日本語)